本門戒壇の大御本尊を否定 本門戒壇の大御本尊を否定

創価学会、本門戒壇の大御本尊を否定

2014年(平成26年)11月8日付けの聖教新聞紙上において、創価学会・原田会長は総務会の議決として「創価学会の会則の改正」を発表しました。
その中において原田は「弘安2年の御本尊は受持の対象にはいたしません」と述べ、ついに創価学会は「弘安2年10月12日の本門戒壇の大御本尊」を信仰の対象として否定しました。
創価学会が1930年の創立以来80年以上にわたって、日蓮大聖人の信心の根本、命脈中の命脈と定めてきた本門戒壇の大御本尊を、ついに自ら捨て去ったのです。
大御本尊を否定すれば、学会員宅の御本尊を含め、創価学会に存在するすべての本尊を否定することになります。これで学会員の皆さんは平気なのでしょうか。

“聖教新聞記事”

大聖人、日興上人、日寛上人の御教示

日蓮大聖人
「国主この法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり」
(日蓮一期弘法付嘱書)
「三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺の本堂なり(中略)日興が嫡々相承の曼荼羅(本門戒壇の大御本尊)を以て本堂の正本尊と為すべきなり」
(百六箇抄)

日興上人
「日興が身に宛て給わるところの弘安二年の大御本尊は、日目に之れを相伝す。本門寺に懸け奉るべし」
(日興跡条々事)

日寛上人
弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究境(くきょう)中の究境、本懐(ほんがい)中の本懐なり。既に是(これ)三大秘法の随一なり、況(いわん)や一閻浮提(いちえんぶだい)総体の本尊なる故なり」
(観心本尊抄文段)

このように、本門戒壇の大御本尊こそ日蓮大聖人の仏法の根元たることは明らかであり、これを否定することは大聖人の仏法そのものを破壊することに他なりません。

歴代会長の指導

これまで80年もの長きにわたって、創価学会の歴代会長は本門戒壇の大御本尊を「学会の信仰の根本」として指導してきました。
にもかかわらず、それを今になって手のひらを返し否定することは、歴代会長への冒涜でもあるのだと分からないのでしょうか。それとも歴代会長は、ずっと会員たちにウソを教えてきたとでも言うのでしょうか。

牧口会長 指導
「本尊の中、総与の御本尊と称して、大石寺に伝えられる大本尊を信じ奉る者が正しい信者である」
(牧口常三郎全集10-151)

戸田会長 指導
「ほかの本尊、どこのを拝んでも絶対にだめなのです。弘安二年十月十二日の大御本尊から出発したものでなければ、法脈が切れてますから、絶対だめなのです」
(戸田城聖全集4-349)
「本門戒壇の大御本尊を信じ奉らない者は、すべて謗法として禁じなければならない」
(戸田城聖全集5-156)

池田名誉会長 指導
「大聖人様の出世の御本懐として、万人から仰がれる大御本尊であらせられる。われわれが登山して、大御本尊を拝することは、そのまま日蓮大聖人様にお目通りすることであり、偉大なる功徳を享受できることは言うまでもない」
(大百蓮華昭和38年10月号)
「次の点だけは不動の路線であることを忘れてはならない。それは、
一、三大秘法の大御本尊がいっさいの根本と拝していくことだ。
ニ、御法主上人の御もとに日蓮正宗の伝統法義を確実に体していくことだ」

(広布と人生を語る3-271)
「大聖人の出生の本懐である一閻浮提総与の大御本尊が信心の根本であることは、これからも 少しも変わらない。純真な『信心』の一念で唱えた題目は、即座に大御本尊に通じていく」
(聖教新聞・平成5年9月19日付 ※創価学会破門後の指導

創価学会の会則の変遷

創価学会の会則の変遷を見ていくと、本門戒壇の大御本尊に対する会員の意識を薄めようとする意図が見て取れます。

昭和54年当時の会則
「この会は、日蓮正宗の教義に基づき、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、日蓮正宗総本山大石寺に安置せられている弘安二年十月十二日の本門戒壇の大御本尊を根本とする」
この当時の会則には、はっきりと「弘安二年十月十二日の本門戒壇の大御本尊」と記載されています。

平成14年の会則改変
「この会は、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊を信受し、日蓮大聖人の御書を根本として、日蓮大聖人の御遺命たる一閻浮提広宣流布を実現することを大願とする」
すでに日蓮正宗から破門されていますから「日蓮正宗の教義に基づき」を削除するのは当然のことでしょう。
しかし問題は、この時の改変で「弘安二年十月十二日の本門戒壇の大御本尊」を「一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊」と書き換え、戒壇の大御本尊の存在を曖昧にしました。
これが創価学会の狡猾なやり方で、会員の大御本尊への渇仰恋慕(かつごうれんぼ)の心を薄めようとしたのです。

平成26年(今回)の改変
「この会は、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、根本の法である南無妙法蓮華経を具現された三大秘法を信じ、御本尊に自行化他にわたる題目を唱え、御書根本に、各人が人間革命を成就し、日蓮大聖人の御遺命である世界広宣流布を実現することを大願とする」
今回の改変で、ついに「大御本尊」という言葉すらも消えました。そして意味不明な文言が並べられています。
この中の「根本の法である南無妙法蓮華経を具現された三大秘法を信じ」について原田会長は、
「大聖人は、宇宙と生命に内在する根本の法を南無妙法蓮華経であると明らかにされました」
などと訳の分からないことを言っていますが、これは第2項「創価仏法の誤った妙法観と本尊観」に書かれているとおり、御本仏・日蓮大聖人が具有される妙法蓮華経を、大聖人の己心を離れた宇宙の法であると考える学会流の邪義です。また原田は、
「末法の衆生のために日蓮大聖人御自身が御図顕された十界の文字曼荼羅と、それを書写した本尊は、全て根本の法である南無妙法蓮華経を具現したものであり、等しく「本門の本尊」であります」
などと訳の分からないことを言っています。本当に幼稚な文言ですし、どこからツッコミを入れればいいのか迷います。
まず「日蓮大聖人御自身が御図顕された十界の文字曼荼羅」ですが、これはどの御本尊のことでしょう。本門戒壇の大御本尊以外に他にあるのでしょうか。あるなら出してほしいのですが。
さらに「それを書写した本尊は等しく本門の本尊」とのことですが、ですから「それ」とはどの御本尊のことなのでしょう。
創価学会が製造したニセ本尊の元となった第二十六世・日寛上人の御本尊は「本門戒壇の大御本尊を書写あそばされた」御本尊です。学会の本部・会館等にある御本尊もすべて、御歴代の御法主上人猊下が本門戒壇の大御本尊を書写あそばされた御本尊です。
何をどう言い繕っても、本門戒壇の大御本尊の存在を否定することなどできないのです。
さらに加えて原田は、
「当時(中略)会員の皆さまの感情や歴史的な経過を踏まえ、この『一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊』については、『弘安2年(1279年)の大御本尊』を指すとの説明を行っていました」
などととんでもないことも言っています。会員の感情とか歴史的な経過とは一体何なのでしょう。
つまりそれらを考慮して、教義・信仰の一番大事な根幹である御本尊について、会員たちにウソをついて騙してきたということになります。
そして原田は、
「創価学会は(中略)広宣流布のための御本尊を認定します」
「会則の教義条項にいう『御本尊』とは創価学会が受持の対象として認定した御本尊であり、大謗法の地にある弘安2年の御本尊は受持の対象にはいたしません」

という暴言を吐いたのです。
これは、彼らが今も昔も変わらず御本尊を単なる「物」として考え、御本仏・日蓮大聖人の御当体として拝せず、救われる立場の者が救う立場である仏(御本仏)を認定するという大増上慢の発言です。
そして今日まで、広宣流布のための御本尊が「認定された」という話は一向に聞こえてきません。

日蓮大聖人は『聖人御難事』に、
「仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師二十余年に、出世の本懐を遂げ給ふ。其の中の大難申す計りなし。先々に申すがごとし。余は二十七年なり。其の間の大難は各々かつしろしめせり」
と仰せであり、弘安2年の本門戒壇の大御本尊以外に「広宣流布のための御本尊」など存在しません。
日蓮大聖人を愚弄するこんな大謗法団体に所属していてはいけません。1日も早く脱会し、正しい信仰に帰りましょう。

“正しい宗教と信仰”